肝臓疾患

障害年金の肝臓の疾患について、どのような基準で審査されるか分からない、又は現在の状態で年金を受給できるかどうか悩んでおりませんでしょうか?

障害年金は罹患されている部位や症状等によって、障害認定の基準はそれぞれ異なります。

このページでは「肝臓の疾患」について、認定基準を中心にご説明させていただきます。

上記の悩み解決方法

 

  • 肝臓疾患の認定基準等についてご説明いたします。

障害年金における肝臓の疾患

■適用となる疾患例

肝硬変、多発性肝腫瘍、肝癌など

 

■認定基準

令別表 障害の程度 障害の状態
国年令別表 1級 身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認めれれる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
2級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

厚年令
別表第1
3級 身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するもの

 

〔解説と具体例〕

1級
身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの。
病院内の生活であれば、活動の範囲がベッド周辺に限られるもの、家庭内の生活であれば、活動の範囲が就床室内に限られるものをいいます。

「日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度」
他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものをいいます。


2級
家庭内の極めて温和な活動(軽食作り・下着程度の洗濯等)はできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの。

病院内の生活であれば、活動の範囲が病棟内に限られるものであり、家庭内の生活であれば、活動の範囲が家屋内に限られるものをいいます。

「日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度」
必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものをいいます。


3級
労働することはできるが、健常者と同等に労働することができないものをいいます。

 

■認定要領

自覚症状、他覚所見、検査成績一般状態、日常生活状況等により、総合的に認定されます。


〔検査項目〕

 

検査項目/臨床所見 基準値 中等度異常 高度異常
血清総ビリルビン(mg/dℓ) 0.3~1.2 2.0以上3.0以下 3.0超
血清アルブミン(g/dℓ) 4.2~5.1 3.0以上3.5以下 3.0未満
血小板数(万/μℓ) 13~35 5以上10未満 5未満
プロトロンビン時間(PT)(%) 70超~130 40以上70以下 40未満
腹水 腹水あり 難治性腹水あり
脳症(表1) Ⅰ度 Ⅱ度以上

※検査成績については、性質上変動しやすいので、肝疾患の経過中において最も適切に病状をあらわしていると思われる検査成績に基づいて認定を行うものとされています。

 

〔表1:昏睡度分類〕

昏睡度 精神症状 参考事項
  • 睡眠、覚醒リズムが逆転
  • 多幸気分
  • ときに抑うつ状態
あとで振返ってみて
判定できる
  • 指南力(時・場所)障害
  • 物をとり間違える
  • 異常行動
  • ときに傾眠状態

興奮状態がない

尿便失禁がない

羽ばたき振戦あり

  • 興奮状態を伴い、反抗的態度を見せる
  • 嗜眠状態
  • 外的刺激で開眼するが、他人の指示に従わない
羽ばたき振戦あり
  • 昏眠(完全な意識の消失)
  • 痛み、刺激に反応する
刺激に対して、払いのける動作
  • 深昏眠
  • 痛み、刺激に全く反応しない
 

〔一般状態区分〕

 

区分

一般状態

無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの

軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの
例えば、軽い家事、事務など
歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの
身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベット周辺に限られるもの


各等級に該当すると認められるものについては、下表のとおりです。

 

障害の程度 障害の状態
1級 前記の検査成績及び臨床所見のうち高度異常を3つ以上示すもの、又は高度異常を2つ及び中等度の異常を2つ以上示すもので、かつ一般状態区分表のオに該当するもの
2級

前記の検査成績及び臨床所見のうち中等度又は高度異常を3つ以上示すもので、かつ一般状態区分表のエ又はウに該当するもの

3級

前記の検査成績及び臨床所見のうち中等度又は高度異常を2つ以上示すもので、かつ一般状態区分表のウ又はイに該当するもの


□食道・胃などの静脈瘤、特発性細菌性腹膜炎の取扱

吐血・下血の既往、治療歴の有無等を参考として、前記の検査項目及び臨床所見の異常に加えて、総合的に認定されます。



□慢性肝炎の取扱

原則、認定の対象になりません。

ただし、上記の障害の状態に該当する場合は、認定の対象となります。

 

□肝臓移植の取扱

  • 術後の症状、治療経過、検査成績及び予後等を十分に考慮して総合的に認定されます。
  • 障害年金を受給している者が肝臓移植を受けた場合、臓器が生着し、安定的に機能するまでの間を考慮して術後1年間は従前の等級とします。

 

 

以上が障害年金における「肝臓疾患」についての、認定基準等になります。

是非とも、ご活用ください。

申請手続は弊所にお任せください

障害年金の請求手続は、他の年金手続に比べて複雑な部分があること、また提出書類の用意や作成等をしなければならなく、病気やケガで罹患されている方にとって、大きな負担となり、書類作成が不本意なものになることが懸念されます。

障害年金受給のためには、審査基準に関する知識、ポイントを押さえた書類作成等を十分に活用することが重要で、これらを活用することで受給の確実性を上げていきます。

埼玉県桶川市の山内社会保険労務士事務所所では、病気やケガで罹患された方に代わって障害年金手続サービスをご提供しておりますので、よろしければ、サービス詳細画面をご覧ください。