聴覚疾患

障害年金の聴覚の疾患について、どのような基準で審査されるか分からない、又は現在の状態で年金を受給できるかどうか悩んでおりませんでしょうか?

障害年金は罹患されている部位や症状等によって、障害認定の基準はそれぞれ異なります。

このページでは「聴覚疾患」について、認定基準を中心にご説明させていただきます。

上記の悩み解決方法

 

  • 聴覚疾患の認定基準等についてご説明いたします。

障害年金における聴覚疾患

■適用となる疾患

メニエール病、感音性難聴、突発性難聴等

 

■認定基準

令別表 障害の程度 障害の状態
国年令別表 1級 両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
2級

両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの

身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
厚年令 別表第1 3級 両耳の聴力が、40センチメートル以上では通常の話声を解することができない状態に減じたもの
別表第2 障害手当金 一耳の聴力が、耳殻に接しなければ大声による話を解することができない程度に減じたもの


〔解説と具体例〕

2級「身体の機能の障害が...程度のもの」

両耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以以上で、かつ最良語音明瞭度が30%以下のものをいいます。
 

3級「両耳の聴力が...程度に減じたもの」

下記のいずれかに該当する場合をいいます。

  • 両耳の平均純音聴力レベル値が70デシベル以上のもの
  • 両耳の平均純音聴力レベル値が50デシベル以上で、かつ最良語音明瞭度が50%以上のもの


障害手当金「一耳の聴力が...程度に減じたもの」

一耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以上のものをいいます。

 


■認定要領

純音による聴力レベル値(純音聴力レベル値)、語音による聴力検査値(語音明瞭度)により認定されます。

□聴覚障害により障害年金を受給していない者の取扱

障害の程度が1級に該当する場合、オージオメーターによる検査結果のほか、聴性脳幹反応検査等の他覚的聴力検査又はそれに相当する検査結果を把握して、総合的に認定されます。

□併合認定の取扱

聴覚の障害と「平衡機能障害」は、併合認定されます。

 

以上が障害年金における「聴覚の疾患」についての、認定基準等になります。

是非とも、ご活用ください。

申請手続は弊所にお任せください

障害年金の請求手続は、他の年金手続に比べて複雑な部分があること、また提出書類の用意や作成等をしなければならなく、病気やケガで罹患されている方にとって、大きな負担となり、書類作成が不本意なものになることが懸念されます。

障害年金受給のためには、審査基準に関する知識、ポイントを押さえた書類作成等を十分に活用することが重要で、これらを活用することで受給の確実性を上げていきます。

埼玉県桶川市の山内社会保険労務士事務所所では、病気やケガで罹患された方に代わって障害年金手続サービスをご提供しておりますので、よろしければ、サービス詳細画面をご覧ください。