保険料の納付

年金記録の確認について

■概要

障害年金を請求するためには、初診日までに保険料を一定の基準以上納付していることが必要になります。

また、平成27年10月1日からは、初診日が共済加入中(厚生年金2号~4号)であっても保険料納付要件が問われることになっています。

保険料納付要件を満たしているか否か、下記の事項と併せて確認することが大切です。



■確認する事項

①直近1年要件

下記の期間について、保険料の滞納期間がなければ、保険料納付済要件を満たしたことになります。

ただし、令和8年3月31日までの特例で65歳未満にある初診日に限られます。

  • 初診日に被保険者である場合、初診日の属する月の前々月までの1年間
     
  • 初診日に被保険者でない場合、初診日の属する月の前々月以前における直近の被保険者期間にかかわる月までの1年間


②3分の2要件(直近1年要件を満たしていない場合)

初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの被保険者期間内に、保険料を3分の2以上納付していれば、納付要件を満たします。

 

③初診日が平成3年5月1日前にある場合の保険料納付要件

下表のように、初診日のある月前の直近の「基準月」(1月、4月、7月、10月)の前月以前(緑色の部分)の保険料が、それまでの被保険者期間内に3分の2以上納付されていれば、納付要件を満たします。

  3月 4月
基準月
5月 6月 7月
初診


④納付記録コードの確認

保険料納付要件を満たしているか否かについては、その期間が「保険料納付済期間」、「保険料免除期間」であることが必要になります。

納付記録コードから、保険料納付済期間、保険料免除期間に含まれるか確認します。

 

  • 納付記録コード:「A(定額)」

    初診日の前日までに納付されている月は、保険料納付済期間として算入されます。

     
  • 納付記録コード:「+」、「$(第3号特例納付)」

    保険料納付済期間として算入します。

     
  • 納付記録コード:「Y」

    保険料免除期間(法定免除)として算入されます。

     
  • 納付記録コード:「Z」

    免除の申請が初診日の前日以前の場合は、保険料免除期間(全額免除)として算入されます。

     
  • 納付記録コード:「イ(半額納付)」

    半額納付年月日が初診日の前日以前の場合、保険料免除期間(半額免除)として算入されます。

     
  • 納付記録コード:「サ(学生納付特例)」

    申請日が初診日の前日以前の場合、保険料免除期間として算入されます。

     

⑤年金額の試算

年金事務所では障害年金の額を試算するこができるので、障害認定日、障害等級、加算対象者の有無を予めご自身で確認しておくことをお薦めいたします。


障害年金における「年金記録の確認」について、ご説明させていただきました。

是非とも、ご活用ください。

申請手続は弊所にお任せください

障害年金の請求手続は、他の年金手続に比べて複雑な部分があること、また提出書類の用意や作成等をしなければならなく、病気やケガで罹患されている方にとって、大きな負担となり、書類作成が不本意なものになることが懸念されます。

障害年金受給のためには、審査基準に関する知識、ポイントを押さえた書類作成等を十分に活用することが重要で、これらを活用することで受給の確実性を上げていきます。

埼玉県桶川市の山内社会保険労務士事務所所では、病気やケガで罹患された方に代わって障害年金手続サービスをご提供しておりますので、よろしければ、サービス詳細画面をご覧ください。