申請方法

障害年金申請の仕方がわからない、又は自分自身で申請することはできるのか、といったことで悩んでおりませんでしょうか?

私も以前、社会保険労務士になる前に、知人から障害年金の申請を頼まれたことがありましたが、申請の仕方がわからずとても悩んでおりました。

障害年金は、ご本人での申請はもちろん、ご本人の家族や社会保険労務士等が代理人となり、申請することもできます。

上記の悩み解決方法

 

  • 障害年金手続の手順をご説明いたします。

障害年金手続の手順

まずはじめに、障害年金を受給するためには、

3つの要件をすべて満たしていなければなりません。

①初診日において国民年金・厚生年金保険の被保険者であること

②保険料の納付要件を満たしていること

③障害認定日において、障害の程度が等級に該当していること

以下の手続の手順により、3つの要件を満たしているか確認していきます。

 

■手続の手順

1.初診日の確認

初診日とは障害の原因となった傷病で初めて医師の診療を受けた日です。

精神疾患の場合、精神科にかかる前に体調不良等で内科にかかっていたときは、
内科での受診が初診日になります。

初診日の病院に行き、医師に「受診状況等証明書」の作成をお願いします。



2.保険料納付要件の確認

年金事務所へ行き、保険料納付要件を満たしているか確認します。

【初診日が平成3年5月1日以降にある場合】
  次のいずれかを満たすことが必要です。

  • 初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの国民年金の被保険者期間のうち
    保険料納付済み期間と保険料免除期間を合計した期間が3分の2以上あること
  • 初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の未納がないこと

 

3.診断書の依頼

保険料納付要件がクリアできたら、初診日から1年6カ月後の障害認定日の「診断書」の作成を
医師にお願いします。同時に現在の診断書も依頼します。
※診断書が2枚必要なのは、障害認定日請求をする場合になります。

 

4.病歴・就労状況等申立書の作成

初診日から現在に至るまでの病状の変化や受診状況、日常生活状況、就労状況を
「病歴・就労状況等申立書」に記載します。

 

5.書類のチェック

「受診状況等証明書」「診断書」「病歴・就労状況等申立書」3つの書類を確認し、
整合性がとれているかチェックして提出します。上記3つの書類は日本年金機構でいただけます。

 

6.必要書類の用意

 上記3つの書類以外に必要な書類

【障害年金を請求する方全員が必要な書類】

  • 裁定請求書
  • 住民票
  • 本人名義の銀行口座番号を確認できる書類

【加給対象の家族がいる方が必要な書類】

  • 戸籍謄本
  • 配偶者の所得証明書または非課税証明書
  • 高校生以下の子供がいる場合は学生証など

 

7.書類一式の提出

必要な書類一式を年金事務所へ提出します。

なお、「受診状況等証明書」「診断書」「病歴・就労状況等申立書」3つの書類は、
コピーしておくことをお薦めいたします。

障害認定が有期認定の場合、永久認定と異なり数年後に更新があります。

更新時に初回提出時の診断書内容を確認して、症状が同じであれば同じように記載してもらうように医師に見せたりと、活用する場面があるからです。

また、不支給決定だった場合、不支給の原因を探すためにも必要です。

 

以上が障害年金の請求手続の基本的な手順となります。

支給要件が「年齢」である老齢年金に対して、障害年金の支給要件を満たしていることを証明する書類を揃えることは容易ではありません。

ですが、法律を正しく理解し、それに沿って行えば、ご自身で請求手続を行うこともできます。

申請手続は弊所にお任せください

障害年金の請求手続は、他の年金手続に比べて複雑な部分があること、また提出書類の用意や作成等をしなければならなく、病気やケガで罹患されている方にとって、大きな負担となり、書類作成が不本意なものになることが懸念されます。

障害年金受給のためには、審査基準に関する知識、ポイントを押さえた書類作成等を十分に活用することが重要で、これらを活用することで受給の確実性が高まります。

埼玉県桶川市の山内社会保険労務士事務所所では、病気やケガで罹患された方に代わって障害年金手続サービスをご提供しております。どうぞお気軽にお問合せください。